2012年6月22日金曜日

他の人に開発中のアプリを見てもらう方法…。


証明書をつくる。

証明書を作成するにはアップルに証明書の申請ファイルを送らないといけない。その申請ファイルの作成にはキーチェーンアクセスを使用します。キーチェーンアクセスを起動して、メニューの「キーチェーンアクセス」>「証明書アシスタント」>「認証局に証明書を要求」を選択します。

証明書情報に ADC に登録したメールアドレスと名前(コモンネーム)を入力。メールで送信はしないので CA のメールアドレスは空白。「ディスクに保存」と「鍵ペア情報を指定」にチェックを入れる。
証明書情報
証明書情報
鍵ペア情報はデフォルトのままで OK 。「続ける」をクリックすると証明書要求ファイルが作成される。
鍵ペア情報
鍵ペア情報
iPhone Developer Center にログインして、Certificates タブの右上にある [Add Certificates] をクリックして作成した証明書要求ファイルをアップロードする。

証明書を開発するMac にインストール

証明書要求ファイルをアップロード後、しばらくすると Status が [Processing] になりその後 Download ボタンが表示されれば、証明書の作成が完了です。Download ボタンをクリックして証明書をダウンロードします。
ダウンロードした証明書をキーチェーンアクセスにドラッグ&ドロップすれば、証明書の登録は完了です。
キーチェーンに証明書を登録
キーチェーンに証明書を登録

実機テストで使用する iPhone/iPod touch を登録

Xcode のメニュー「ウィンドウ」>「オーガナイザ」を選択。iPhone/iPot touch を接続する。Xcode が iPhone/iPod touch を認識すると DEVICE に表示されるので、Summary タブの Identifier (個体識別番号)をコピー。
Xcode のオーガナイザ
Xcode のオーガナイザ
iPhone Developer Center の Device メニューを選択して、右上にある [Add Device] をクリックして、Device Name , Device ID (上でコピーして個体識別番号)を入力すれば登録完了。

自作アプリの App ID を取得

iPhone Developer Center の App IDs メニューを選択して、右上にある [Add ID] をクリックして、App ID Name , App ID を入力する。App ID Name は自分で好きにつけて OK です。App ID は jp.syuhari.AppName というように他とかぶらないようにつける。
App ID の登録
App ID の登録

プロビジョンプロファイルの作成

iPhone Developer Center の Provisioning メニューを選択して、右上にある [Add Profile] をクリック。Profile Name は自由に決めて OK 。Certificates をチェック、App ID は先ほど作成したものを選択、Device もチェックする。
プロビジョンプロファイルの作成
プロビジョンプロファイルの作成
プロビジョンプロファイルの一覧画面で先ほど作成したプロファイルは最初は Pending になっています。しばらくしてリロードすると Download ボタンが表示されれば作成完了なので、ダウンロードします。

Xcode に AppID と プロファイルを登録

ダウンロードするときに Xcode で開けば登録されます。登録確認は Xcode のオーガナイザを開き、PROVISIONING PROFILES の所に先ほど作成したプロファイルがあれば OK です。
次に Xcode のメニュー「プロジェクト」>「プロジェクト設定を編集」を選択して、プロジェクトの情報を開き、ビルドタブの中にある「Any iPhone OS Device」の値を作成したプロファイルにします。
Xcode でプロファイルを指定
Xcode でプロファイルを指定
info.plist の Bundle identifier を作成した App ID に変更します。
info.plist の Bundle identifier を変更
info.plist の Bundle identifier を変更

自作アプリを実機に転送してテスト

Xcode の左上にあるプルダウンメニューで実行対象をシュミレータから実機に変更して「ビルドして進行」をします。
e38394e382afe38381e383a3-141
左下のステータスを見ているとしばらくすると iPhone/iPod touch に転送されているのが分かります。iPhone/iPod touch は転送されていると上のバーの部分でローディングされているのが分かり、しばらくすると自動的にアプリが実行されます。転送されたアプリは iPhone/iPod touch のホーム画面にアイコンが表示されるので、後は通常のアプリと同じようにいつでも実行できます。
他のアプリを実機でテストする際は App ID の取得からやれば OK です。

0 件のコメント:

コメントを投稿