2012年6月16日土曜日

MacBookAir 11インチを選択!

いつものことだが、Macはアップルストアのオンラインで購入する。

【こだわり】
一番のこだわりはUSキーボード。ノーマルは買わないから必然的に上記の方法しかない。
USキーボードにすると売るときに値が下がるとも言われるが、ローマ字入力なのに、キーボードにカナが表示されているかっこ悪さは受け入れられない。
大昔にPowerPCを積んだPowerBookDuoをわざわざ友人に頼み購入したことがあった。理由はUSキーボードにしたかった…それだけ。

【後押し要因】
さてNew シリーズ発表の6/12に、迷いながらもMacBookAirを購入。
背中を押したのは、アップル1%ローンがその日までだから。1%で買えるのはかなり大きい。今使っているMacを売るとキャッシュ・フロー的にも助かる。この機会を逃すと買わない…というより買えなくなる。。。


【なぜ MBA 11なのか? 】
自宅にiMac21.5がある。(2.7GHz Core i5  メモリー16GB)
ディスプレイの大きさに後悔はあるものの外部にもう1つディスプレイをつないで
それなりの環境。。。
そして外出にはunibodyの白MacBook(メモリー4GでSSDに交換)
半年前にSSDに交換してから利用に不満は感じなくなっていたが…問題は重さ。

メインマシンはiMacなので、MacBookは外で仕事をすることを目的としている。
しかし自転車やバイクで移動することがあっても書類が多い私にはこの重さは、モチベーションが下がる原因に…。

またマウンテンライオンという次のOSが見えて来た…
そうなると13か11か?
今は自営だが、外部でヘビーに作業をやる可能性より、外出、旅行など…あらゆるシーンで持ち歩くことを考えると…11インチ。
iPadはエンタメツールで、仕事はできない。iPad は最強のお茶の間ツールだけど、iPhoneを持っている人には、iPhoneとiPadの2台持ち外出はたいていのケースいけてない。

iPad発売初日にアップルストアに並んで買っていた私が今回は見送った。
iPad3(Retina)は、漫画を見開きで読む幸せを考えるととても魅力だった。(そこだけ?とつっこまれるかもしれない。)

MBA11が羨ましいと思いつつも、自分を言い聞かせてきたのは、iPhone、iPad2、MacBook…全て白で揃えてきたじゃないか…と。
そしてどっかの会社に半拘束された時にそんなマシーンで仕事がこなせるのか?…と。

ソフトを複数起動しながら使うスタイルの私にメモリー4Gは、かなりの不安が…。


【まとめ】
営業マンだけではない私は、iPadでは仕事にならないので、MacBookAir11。
スペックは外での作業に耐えれるスペックにして後悔がないように…

  • 2.0GHz Intel Dual-Core Core i7
  • 8GB 1600MHz DDR3L SDRAM
  • 256GB Flash Storage
  • Keyboard(US)/User's Guide-JPA

うれしいけど、メインの作業はiMac…。
とりあえず白MacBookの後継として、米国にシンデレラのステッカーを注文(今度はカラー版)

0 件のコメント:

コメントを投稿